【使ってみた楽天モバイル】格安スマホの評判や料金などまとめました

【使ってみた楽天モバイル】格安スマホの評判や料金などまとめました

楽天モバイルのユニークポイント

MVNOとは大手の携帯電話会社以外の携帯電話キャリアのことを指しますが、話題の格安なスマホサービスを展開しています。楽天市場もこれに参入しました。その名も楽天モバイルです。この格安SIMや格安スマホというのは、他社から乗り換えるとつき具期の支払いがとても安くなるというものです。現在、注目を集めているのは1250円/月で使えるという低料金な点ですね。NTTドコモの回線を使っているのも一つの特徴となっていて、気になる通話の音質・電波状況・そのほか回線に関する品質などは、全て、NTTドコモのスマホと変わらないため安心です。楽天モバイルを使用している間は、楽天市場を利用したときにもらえるポイントが2倍になるというサービスがずっと続くことも魅力的です。そんな訳でして、楽天モバイルの速度や料金プラン等を比較しながら、レビューしていきます!楽天モバイルで節約出来たスマホ代で、何を買いますか?

docomo回線網を使った格安SIM・格安スマホ

楽天モバイルはドコモの回線を使用しています。当然ながら、通話品質もdocomoと全く一緒ですし、通信エリアもつながりやすさも、ドコモと変わりがないので安心です。docomoのスマートフォンなら、ほとんどの端末がそのまま楽天モバイルでも利用できます。docomoのスマホを買う必要はありません。楽天モバイルでは端末とSIMカードのセット販売も行っているのでそちらを購入してもOKです。楽天モバイルでそのまま使えるドコモのスマホだったら、始めの費用はSIMカードの代金だけでいいので、スマートフォン本体にかかる費用を節約することも可能です。楽天モバイルは信頼できるdocomo回線を安くお得に使える格安スマホサービスです。

セットの格安スマホが多い

楽天モバイルに対応していないスマートフォンをお持ちでない方は、スマートフォンを新しい端末に買い換えなければいけません。楽天モバイルで購入できるスマホは、10種類以上の機種が用意されており、他のMVNOよりも好みの機種を見つけやすいのが魅力です。スマホ以外にもタブレットのラインアップが豊富で、使い方や好みに合わせた選択ができます。楽天モバイルの弱点のひとつとも言えるのが、楽天カードの会員のみが、端末代を支払う際の分割払いサービスを受けられるということです。本体の購入のときに楽天カードがないと、スマートフォンの本体代金は契約時に一括で支払うしかありません。ただ、スマートフォンにしてもタブレットにしても種類が圧倒的に多いと言う点では、他のMVNOに比べ大きな魅力と言えるでしょう。

データ通信量の翌月繰り越しに対応

データ容量はプランによって異なりますが、データの通信量はその時々で違うので、ひと月で全てを使い切れないこともあります。楽天モバイルでは、こういったことも考え、余ったデータ容量を、翌月に持ち越すことができるのです。前の月で余らせた通信量を次の月に使うことができないMVNOが多いので、この点、楽天モバイルの魅力の一つと言えます。月額利用料も安いのですが、データ容量も無駄なく使い切りたいですよね。

電話代がお得になる、楽天でんわ

楽天モバイルの「楽天でんわ」は通話料が半額になるお得なサービスです。プレフィックス型通話サービスといわれ、IP電話サービスとは異なるものであり、発信者番号は通知されるようになっています。なお、当然のことながら、相手先に伝わる電話番号は普段どおりの番号です。電話相手からして見れば、いつも通りの着信と変わりはないわけです。IP電話のほとんどは、電話の相手側に対して非通知発信しかできなかったり、050の番号が通知されてしまったりと発信者が分かりづらく使いづらいのですが、楽天でんわであれば、そのような心配な不要です。そして、楽天でんわかかる通話料は、楽天市場などグループ内の様々な所で利用できる「楽天ポイント」も貯まります。通話料が半額だけでなく、通話するだけでポイントをゲットできるなんて魅力的ですよね?つい最近、キャリアと同じようなかけ放題サービスも開始となりました。

5分かけ放題開始。

携帯会社の大手3社(docomo、au、Softbank)では、通話無料のかけ放題プランがありますが、MVNOでは、話し放題サービスを提供していないのがほとんどです。月額料金が安いのは良いけど、通話料金が高そうで怖い。という方も、安心のサービスが開始されました。楽天モバイルでは月850円で、何度でも最初の5分間が無料になるという「5分かけ放題」オプションが利用できます。しかも、このオプションではIP電話を使わずに、電話回線を利用できるので、楽天でんわと同じく、発信者の番号が通知できるので、通常通り変わりなく、通話し放題ができます。NifMoの通話し放題サービスだと、発信者番号通知できない事が多いようです。楽天でんわを普通に使うと、だいたい1分で21.6円となるので、毎月45分ほど電話をかける,という方には最適な通話オプションサービスだと思います。

最初のひと月は無料

SIMを楽天モバイルで契約をすると、最初の1ヶ月は料金が掛かりません。SIMカードが届くでしょ。その日が入ってる月の料金がただになるんです。SIMカードが届いた日によっては、丸々1ヶ月分がタダになるということもあります。ただ、現在契約中のキャリアの支払いや解約手数料もあると思いますので、絶対に月初待つのがお得だとは言い切れません。

回線速度

楽天モバイルの回線網は、NTTドコモの通信回線を採用。225Mbpsの高速通信を実現しています。通信スピードについては、何不自由ない速度ですね。格安で、ドコモと全く同じ回線が使えるということは、大手携帯3社や他のMVNOと比較しても、楽天モバイルの強みとなりそうですね。これから先も益々MVNOや格安スマホの拡大していきそうですね。

楽天モバイルの通信制御

キャリアもMVNOもそうですが、契約者が均等に快適な通信が行えるよう、逸脱した量のデータ通信を行ったユーザーに対して、データ速度の制限を行いました。これは、直近3日間のデータ通信の容量で計算され、あらかじめ定められた通信量を超過した場合について、決められた速度制限が課せられていましたが、3日制限が撤廃となりました。つまり、楽天の格安スマホに関しては、長時間のビデオ通話をしてしまった後でも、72時間制限の心配をする必要はないので、使いやすさは格段に向上しました。

楽天モバイルの料金プランと解約

楽天モバイルの料金プランについての説明をしていきます。現在お使いの月々の携帯料金と比較してみて、今よりどのくらい費用を節約できるのでしょうか。 月額料金と初期費用をチェックしてみましょう。

楽天モバイルの料金・初期費用

楽天モバイルの料金プランに関しては、データ通信を行う専用のSIMと、音声通話が可能になっているSIMとがあります。音声通話SIM使用では070/090/090の番号を使いますので、今までと変わらずに電話がかけられるので、携帯電話として利用することが多い方は、音声通話SIMを契約しなければ電話として利用できなくなるので、注意して契約する必要があります。音声SIMの月額プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円です。

データ専用SIMの月額費用は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円となっています。

ベーシックプランは、低速使い放題のプランとなっており、ベーシックプラン以外は、低速でなくLTEの262.5Mbpsの高速回線が使用できるプランとなっています。初期費用は、一律で3,240円となっており、あとは、端末を購入際、その分のお支払いになります。

楽天モバイルの最低利用期間

解約制限と解約手数料について、解説していきます。データSIMには最低利用期間がないためいつでも解約することが可能です。自分のタイミングで解約でき、解約手数料は必要ありません。一方、通話SIMには利用期間が設けられており、最低でも12ヶ月となっています。一年以内に解約したい時には、違約金が9800円も発生してしまうのです。大手キャリアですと、自ら申し出ないと縛り期間が自動で更新されてしまいますが、13ヵ月経過した時点で違約金を支払う必要がなくなるので、その点は有難いことですね。

【締切間近】キャンペーン情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)